FC2ブログ

Googleの画像圧縮ウエブアプリ Squoosh(スクワッシュ)

Googleの画像圧縮ウエブアプリ Squoosh(スクワッシュ)は、ブラウザ上で画像をドラッグ&ドロップするだけで、簡単に圧縮できるウェブアプリです。
Squooshを利用して圧縮すれば、見た目を変えずに画像を約1/10に圧縮することができます。
Squoosh.jpg
Squooshで変換できるフォーマット一覧
JPEG/PNG/MozJPEG/WebP/JPEG2000/TIFF/BMP/PDF/GIF

Squooshの使い方
1.Squooshを起動します。
2.画像をブラウザ上へドラッグ&ドロップします。
3.スライダーを動かして圧縮率を調整します。
※ファイルがどれだけ小さくなるのかリアルタイムに確認できます。
4.画面右下のダウンロードボタンをクリックします。
5任意の場所に画像を保存できます。by jpita
.Squoosh

doc.newと入力するだけでドキュメントを開く方法

Webブラウザは、Google Chromeだけではなく、FirefoxやMicrosoft Edgeでも利用できます。※あらかじめ何らかのGoogleサービスでGoogleアカウントにログインしておきます。
google ドキュメント
その他にも下記の操作ができます。
「sheet.new」と入力するとGoogleスプレッドシートを開けます。
「slide.new」と入力するとGoogleスライドを開けます。
「form.new」 と入力するとGoogleフォームを開けます。
「site.new」 と入力するとGoogleサイトを開けます。by jpita

Windows10の各バージョンのサポートは18カ月で終了します。


マイクロソフト社製品のサポート期限
office_support.jpg
by jpita




続きを読む

Officeのプロダクトキーを確認する方法

Offcieを再インストールするときのプロダクトキーの調べ方
Officeのマイアカウントページを開きます。
Officeを認証したMicrosoftアカウントでサインインします。
画面上部のメニューから[サービスとサブスプリクション]をクリックします。
対象となるOffice製品欄の「プロダクト キーの表示」をクリックします。
再インストール用のプロダクトキーが表示されます。by jpita

Wi-Fiの名称が変わります

無線LAN標準化団体 Wi-Fi Allianceは、2019年より正式にスタートする無線LAN規格「IEEE 802.11ax」に対応する製品の認証プログラムの名称を「Wi-Fi CERTIFIED 6」とすることを発表しました。この変更に伴い、今後は、スマートフォンなどでWi-Fiに接続している状態を示すアイコンも一新され、外出先のWi-Fiスポットの表示も変わります。by jpita

■802.11n →Wi-Fi4 ■802.11ac→Wi-Fi5 ■802.11ax→Wi-Fi6
IEEE802.11axは、2.4GHz帯と5GHz帯の両方をサポートし、IEEE802.11a/b/g/n/acとの下位互換性を保ちながら、理論上、802.11acの約1.5倍(約9.6Gbps)の最大伝送速度で通信できる無線LAN規格です。
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク