FC2ブログ

LINEに画面シェア機能が追加

LINEに、新機能 画面シェア 機能が追加されました。
画面シェアは、グループビデオ通話をしているとき、デスクトップに表示された画面をシェアできる機能のことです。
グループビデオ通話に参加している人にパソコンの画面を見せるときは、PC版のLINEアプリ(バージョン5.23.0以上)を利用します。
画面をシェアする人(見せる人)は、PC版のLINEアプリ(バージョン5.23.0以上)を利用する必要がありますが、画面を見る人はスマートフォン版のLINEアプリでも構いません。by jpita
line画像


Skypeアカウントがなくても参加可能

コミュニケーションアプリ Skypeの最新版(Ver.8.55)を適用することで、インターネット上に仮想の会議室を作成し、他のユーザーを招待できるようになりました。
会議に参加する方は、Skypeアプリをインストールしていなくても、Webブラウザーがあれば、誰でもゲストとしてすぐに参加することができます。
会議室の作り方
sky1.jpg


1.画面左上の[チャット]タブをクリックします。
2.[会議]ボタンをクリックします。
sky2.jpg


3.[会議を開始しますか?]画面が表示され、共有リンク(URL)が自動生成されます。
4.[招待を共有]をクリックします。
5.会議に参加して欲しい方に、共有リンクURLを送信します。
6.参加する方は、共有リンク(URL)をクリックして会議室に入室します。
7.インターネットの仮想会議室に入室できます。by jpita
sky3.jpg


パソコン版 LINEアプリの最新版(5.21.1)を適用することで翻訳テキストをダウンロード

パソコン版 LINEアプリの最新版(5.21.1)を適用することで、トークルームに投稿した写真に表示されているテキストを、OCR機能を利用して抽出し、自動翻訳できるようになりました。
自動翻訳された状態でダウンロードしたりコピーすることもできます。

自動翻訳の使い方
1.トークルームに投稿された写真の上で右クリックします。
2.表示されたメニューから[テキストに変換]をクリックします。
3.画面左上の[リアルタイム翻訳]のステイタスを「オン」にします。
4.写真に表示されているテキストが自動翻訳されます。
5.画面右側には、写真に表示されているテキストが抽出されます。
6.画面右下の[翻訳]をクリックすると、翻訳されたテキストが表示されます。
7.画面上部で言語を変更することで、翻訳元の言語や翻訳する言語を指定できます。by jpita

line1_2.jpg

Googleアシスタントのリアルタイム通訳機能「通訳モード」

通訳モードは、スマートスピーカーとスマートディスプレイ限定の機能でしたが、スマートフォンでも利用できるようになったので、日常の外国人とのコミュニケーションにも役立ちます。
通訳モードは、Googleアシスタントで「日本語から英語に通訳して」などと話しかけることで利用できます。その後日本語で話すと、リアルタイムに通訳してくれます。通訳モードは44カ国語です。
通訳モード

自分の死後にデータを自動削除する方法

1.Googleアカウントにログインします。
2.画面上部の検索ボックスに「アカウント無効化管理ツール」と入力します。
※死亡した場合や、Googleを使用しなくなった場合に、Googleアカウントに対して実行するプランを作成できます。
[開始]ボタンをクリックし、エンディングプランを作成します。
google1.png
アカウントが長期間使用されなかった場合、アカウントデータを自動的に削除する設定ができます。最短期間は3カ月ですが、6カ月、12カ月、18カ月のオプションもあります。
アカウントが自動削除される前に、自分宛てにSMSで複数回、通知が送信されます。
通知する相手は、自分以外に、最大10人まで追加できます。何人かの友人を登録しておくことで、友人に不測の事態を知らせることができます。
by jpita
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク