Microsoft Office 365 サポート/回復アシスタントで Outlook と Office 365 の問題を解決

サポート/回復アシスタントは、テストを実行することによって何が問題なのかを特定します。このツールは、ユーザーに代わって多くの問題を解決したり、ユーザーによる問題の解決方法を示したりできます。

Outlook の問題
Outlook が応答しなくなります
メールを送受信できません
Outlook で何度もパスワードの入力を要求されます
共有メールボックスまたは共有予定表が機能しません。
Outlook に何度も "接続しています..." または "接続が切断されました" と表示されます

Office の設定の問題
Office をインストールするときにエラーが発生します
Office のライセンス認証ができません

Sara

誤って消したファイルを復元する方法

ハードディスクやリムーバブルディスクから削除してしまったファイルを復元できるソフト。ごみ箱を空にしてしまった場合など、間違って削除したファイルを簡単操作で復元することが可能。復元対象はファイル名を指定して検索できるほか、フォルダ単位での復元にも対応している。復元可能なファイルシステムは、NTFSとFAT12/16/32。復元を行うときは、まず画面左側のドライブ一覧から復元したいファイルが納められていたドライブを選択する。[スキャン]ボタンをクリックすると検索が始まり、削除済みのファイルが画面右側に一覧表示されるので、該当ファイルを選択して[リカバリ]ボタンをクリックすればよい。なお、削除時と同じドライブ上に復元すると、ディスク上のデータが上書きされてしまいファイルを正しく復元できないことがあるため注意。
DataRecovery

Power PointとExcelに翻訳機能が追加

Office更新プログラムを適用する方法
PowerPointまたはExcelを起動します。
画面左上の[ファイル]をクリックし、バックステージビューを表示します。
画面左側に表示されたメニューから[アカウント]を選択します。
[更新オプション]→[今すぐ更新]をクリックします。
Officeの更新プログラムが適用されます。
Office更新プログラムを適用後、PowerPointまたはExcelを起動し直します。
更新プログラム1


初回だけ、「インテリジェントサービスを使用しますか?」という確認画面が表示されます。
[オンにする]をクリックして新機能を利用できる状態にします。

翻訳機能の使い方
任意の文字を入力します。
画面上部のメニューから[校閲]をクリックします。
[言語]グループの[翻訳]をクリックします。
翻訳元の言語が自動的に検出されます。
翻訳先の言語を選択します。
[挿入]をクリックします。
指定した言語が挿入されます。
更新プログラム2

Windows10 Ver1607 4月10日でサポート終了

Windows10のバージョン1607以前のバージョンを利用している方は、サポートの終了後、セキュリティ更新プログラムの提供を受けられなくなるため、できるだけ早くUP DATEをお願いします。

Windows10の各バージョンのサポート終了日
バージョン            公開日         サポート終了日
・1511November Update    2015年11月10日   2017年10月10日
・1607Anniversary Update   2016年08月02日   2018年04月10日
・1703Creators Update     2017年04月05日   2018年10月09日
・1709Fall Creators Update   2017年10月17日   2019年04月09日

マイクロソフトは「Office2019」を2018年後半に公開

マイクロソフトが一般家庭向けに提供している「Microsoft Office」には3つの種類があります。
1.プリインストール版(Office Premium)=PCの購入時に最初からインストールされている
2.サブスクリプション版(Office 365 Solo)=ソフトを購入するのではなく、月額利用料を支払って利用する
3.永続ライセンス版(旧来のパッケージ版)

サブスクリプション版
サブスクリプション版は、ソフトを購入するのではなく、月額利用料を支払って利用する方法です。一般家庭向けには「Office 365 Solo」11,800円(年間利用料)が提供されています。
・常に最新のOfficeが利用できる
・2台のパソコンにインストールできる
・Word,Excel,Outlook,PowerPoint,Onenote,Publisher,Access 全て利用できる
・Office365サービスが利用できる

プリインストール版
プリインストール版は、パソコンを購入したときに、あらかじめインストールされています。サブスクリプション版のように、毎年お金を支払う必要がなく、購入したパソコンが壊れるまで使い続けることができます。
・常に最新のOfficeが利用できる
・インストール済みのパソコンが壊れるまで利用できる

一般家庭向けには3つのタイプが提供されています。
Personal
Word,Excel,Outlook
19,000円

Home&Business
Word,Excel,Outlook,PowerPoint,Onenote
24,000円

Professional
Word,Excel,Outlook,PowerPoint,Onenote,
Publisher,Access
48,000円

永続ライセンス版
永続ライセンス版は、旧来のパッケージ版のことで、購入すると永続的に使い続けることができます。
・2台のパソコンにインストールできる
・インストールしたパソコンが壊れても、他のパソコンにインストールして利用できる

一般家庭向けには3つのタイプが提供されています。
Personal
Word,Excel,Outlook
32,184円
Home&Business
Word,Excel,Outlook,PowerPoint,Onenote
37,584円
Professional
Word,Excel,Outlook,PowerPoint,Onenote,
Publisher,Access
64,584円
bby jpita

カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク