FC2ブログ

高速スタートアップ機能で修復

再起動することで、RAMを一度綺麗にして、起動中のプロセスを終了させ、その結果、原因不明の不具合も修復できる場合があります。それでも修復できないときは、高速スタートアップ機能を一時的に無効にした状態で、パソコンを完全にシャットダウンします。

[高速スタートアップ]機能とは、パソコンの起動を速くするために、シャットダウン時にメモリやCPUなどの状態を保存しておく機能のことです。
[高速スタートアップ]機能が「有効」になっていると、起動時に時間のかかる「ドライバーの読み込みと初期化」を、起動時ではなくパソコンの電源を切る時に保存し、次に起動するときに読み込みます。

完全にシャットダウン(システム終了)する方法

1.[スタート]ボタンをクリックします。
2.[電源]ボタンをクリックします。
3.[Shift]キーを押しながら[再起動]をクリックします。

4.[オプションの選択画面]が表示されます。
5.[PCの電源を切る]をクリックします。
6.高速スタートアップ]機能が一時的に「無効」になり、パソコンが完全にシャットダウンします。

起動するときは、いつも同じように[電源]ボタンを押します。
完全シャットダウンとなるため、1回目の起動は普段の起動時より少し時間がかかりますが、2回目以降はいつも同じように起動することができます。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク